アマゾン倉庫で窃盗疑い 社員の男逮捕

Amazon物販

昨日、結構衝撃的なニュースをみました。

[アマゾン倉庫で窃盗疑い 社員の男逮捕、余罪1千万円か]

派遣の方でもなく、アルバイトの方でもないAmazonの社員の人が、倉庫で放置されていた人気のない商品の梱包箱に、人気で高額でパソコンのパーツであるCPU入れて自ら注文して、それを売りさばいていたとのことです。


しかも去年の5月から約1年間もやっていて、総額1千万円の被害とかになるそうな…ヤバいですね…コレ。


倉庫内の在庫の量を自分で調整できるとしたら、マーケットプレイスの出品者の在庫ではなく、Amazon本体が所有している商品だったのでしょうかね。もしマーケットプレイスの出品者だったら、倉庫内で紛失したことにして、出品者には補てんを繰り返してやっていたかもしれません。


考えてみたら、Amazon倉庫の中の人って、いろんな情報がまるわかりですよね。出品者の情報から、何がどれだけ売れているとか、中国のどこの工場から送られてくるとか、それはもう外の人からみたら、知りたい情報が満載です。内部情報を持っている倉庫の人が、情報を売っていたり、自分自身で出品を始めたら、結構とんでもないですね。


1年間もバレずに野放しになってたのだったら、もしかしたら氷山の一角で、各地の倉庫でも十分あり得る話です。Amazonには徹底管理に努めて欲しいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました